ゼニカル関連商品調査所

ゼニカルとはアメリカではかなりポピュラーな肥満治療薬です。そんなゼニカルにはジェネリック医薬品も多数あり、購入時には選別に苦労することもあるようです。ここではオススメのゼニカル関連商品の説明をしていきます。

ゼニカル関連商品調査所

ゼニカル関連商品、ジェネリックのご紹介

ゼニカルで脂肪を30%カット

ゼニカルは肥満治療薬として利用されている経口内服型の薬です。世界17か国で利用されています。特徴は、食事に含まれる脂質を体に吸収しないように阻止することです。肥満を解消するためには辛い食事制限をする必要がありますが、体に吸収される脂質の量がおよそ30%もカットされる効果により、痩せることができます。吸収されなかった脂質は便と一緒に排出されます。また、ゼニカルの主成分オルリスタットは、最も高カロリーで燃焼されにくい脂質にのみ効果を発揮します。糖質やたんぱく質などの基礎代謝を維持する栄養素は排出されないで体に吸収される仕組みであるため、健康的に痩せることができます。ゼニカルと同じ効果を発揮する、オリルスタットを主成分とするジェネリック医薬品としてオルリファスト、オベリット、オルリガル、オーリスタットなど多数あります。ほぼ同様の効果が得られるとされています。飲み方や用量、用法も同じです。ゼニカルの効果が高いことから、ジェネリックの種類も多いです。ジェネリックのメリットは、なんといっても価格です。ゼニカルは1箱5千円から1万円で、病院で処方されると8千円から2万円近くなることがあります。ジェネリックの場合、およそ2千円程度安くなるのでとてもお得です。価格が安くなる理由は、先発薬のレシピや臨床データ、治療実績がジェネリック薬の開発に利用されており、開発コストがかからないからです。安全性や信頼性も保証された薬です。また、ゼニカルを含むこれらの治療薬は医師による処方が必要です。保険は適用されず、自費負担となります。それ以外で購入するには、個人輸入代行業者から通販で購入するということになります。

ゼニカルの成分オーリスタットが含まれた商品

ゼニカルの画像

肥満治療薬として販売されているゼニカルは、脂肪分解酵素の働きを抑制する成分オーリスタットを有効成分としています。オーリスタットの働きによって小腸内に存在するリパーゼと呼ばれる酵素の働きを抑え、脂肪を分解させずにそのまま便として排泄することで、体内への脂質の吸収を減少させます。食事によって摂取される脂質のおよそ30%は体内に吸収されずに排泄されるので、極端な食事制限をしなくてもダイエットができるようになります。この有効成分のオーリスタットは、すでに成分特許が切れている状態なので、ゼニカルだけでなく、同じ成分を使用したジェネリック医薬品などが販売されています。主なジェネリックにオルリファスト、オルリスタット、オルリガルなど、成分名に由来した商品名がありますが、これらは医薬品として販売されています。これとは別に同じオーリスタットが配合されたアライと呼ばれる商品がありますが、こちらは医薬品ではなくサプリメントとなっています。成分が同じなので基本的な効果に違いはありませんが、ゼニカルならオーリスタット120mgに対し、アライは半分の60mgとなっています。脂質の排泄量も25%ほどと減少しているので、効果がややマイルドになったゼニカルという認識で問題はないようです。ゼニカルを使用すると、外出もできないほど油が排出されることがありますが、アライはそこまで酷いものではないため、効果を弱めたいという人にぴったりです。ちなみに、アライを2錠服用してゼニカルと同じ成分量にすれば効果も同じようになるのかというとそうでもなく、やはりサプリメントというカテゴリから抜け出せないようなものとなっているようです。安全性はゼニカルで確立していますが、より安心できるのはサプリメントのアライです。価格は医薬品ほどではありませんが、若干高めに設定されているのか、ジェネリックの方が安く購入できるようです。

ゼニカルとジェネリック、どう選べばいい?

薬の画像

世界的にも待ち望んでいたのは、食事をおいしく食べながら、太ることを気にしなくてもいい痩せ薬の存在です。まさにゼニカルは、これまでの食べるということへの葛藤と肥満で苦しんだ、人類の救世主的なヤセ薬として登場をしたのです。そんなゼニカルですが、ジェネリックの商品もあり、どう選べばいいかを考えることもあるでしょう。内容としてはほぼ変わりませんでの、選ぶ基準は自分のお財布との関連性ということになります。ジェネリックという後発品は、同じ成分でありながらも費用が安いという利点があります。少しでもお薬の費用を安く抑えたいとしたら、ジェネリックを選択することはなんも問題はありません。ジェネリックではなく利用者も既に大勢いる、ゼニカルを利用したいという意思があるならば、そのままゼニカルを選ぶといいでしょう。つまり、大きな違いはお薬の金額ということになりますので、内容的には成分に問題は無く、あとは本人の意識による判断になります。食べて太るという考え方は、昔の日本にはなかったものです。お腹いっぱい食べられることを目標として、真面目に働き製剤成長を成し遂げてきたのが日本です。そのうちに社会も生活も豊かになってきて、日本人は食べたいものを、お腹いっぱい食べられるようになりました。でもお腹が満たされたら、次なる問題が出てきたのです。それが現代の社会問題にもなりつつある、肥満との戦いです。まだ肥満になっていない人だったら、太るのは阻止しないとなりません。そこで利用できるのが、医薬品のゼニカルのダイエットサポートの薬です。この医薬品を飲んで食事をすれば、油を使う料理も肥満を怖がることはなく、美味しく食べることができます。

TOPへ戻る