ゼニカルとはアメリカではかなりポピュラーな肥満治療薬です。そんなゼニカルにはジェネリック医薬品も多数あり、購入時には選別に苦労することもあるようです。ここではオススメのゼニカル関連商品の説明をしていきます。

ゼニカル関連商品調査所

肥満症改善に人気のゼニカルとアフリカマンゴー

現在のダイエットは、肥満症の治療薬として開発されたゼニカルと古来よりダイエット役として使われて来たアフリカマンゴーが人気です。アフリカマンゴーは、中央アフリカ~西アフリカやインドなどの湿度の高い熱帯地方に自生している植物であり、種子やエキスは古来より食用や薬草として用いられています。アフリカマンゴーは、アディポネクチンとレプチンと呼ばれるホルモンを活発化する働きがあり、レプチンは、満腹中枢に作用し食欲を制御する食欲抑制剤に似た働きをし脂肪の蓄積を防ぎ、アディポネクチンは体内に蓄積された脂肪を燃焼すると共にレプチンの働きを活性化する働きがあります。又、アフリカマンゴーには、糖質の吸収を促進する消化酵素アミラーゼの働きを阻害する働きがあり、体内に吸収される糖質の量が抑制する働きがあります。アフリカマンゴーは、現在ではサプリメントだけでは無く、様々な食品に配合され世界各国で市販化されています。
対して、ゼニカルは、脂肪吸収抑制薬に分類されるオルリスタットが主成分の医薬品であり、オルリスタットは摂取した脂肪の9割以上を占めるトリアシルグリセロールを腸壁を通り抜けられる分子サイズの遊離脂肪酸とモノアシルグリセロールに加水分解する消化酵素トリアシルグリセロールの活性化セリン残基と共有結合する事で、トリアシルグリセロールのエステル結合の加水分解を阻害し、摂取した脂肪の吸収を約30%抑制します。ゼニカルは、食後1時間以内に服用するだけで、食事制限や運動、禁酒など生活習慣の改善の必要性も無く簡単にダイエット効果を実感出来るとして、世界各国のセレブやアスリートの間でも服用されているダイエットピルです。

TOPへ戻る